必見!格安スマホ端末を購入する前に知っておきたい3つのこと

必見!格安スマホ端末を購入する前に知っておきたい3つのこと

 

格安スマホを購入する前に、知っておきたい3つのことについて説明したいと思います。

 

その1:格安スマホ(MVMO)用端末はSIMフリー

格安スマホサービス(MVNO)ではSIMフリーの端末を使います。

 

キャリアで使う端末の場合、ドコモならドコモ向け端末、auならau向け端末と完全に紐付けされています。

 

しかしMVNOの場合、1つの端末を購入すればドコモ回線用のものはドコモ回線を利用するどのMVNOのSIMを入れても使え、SIMを自由選択できることから「SIMフリー端末」と呼ばれています。

 

その2:SIMフリー端末の入手方法

SIMフリー端末はドコモ、auのキャリアスマホ端末と区別はされますが、SIMカードと別個に単独購入できます。

 

しかし初心者の方はSIMカードの契約と同時に楽天モバイルやBIGLOBEなどの契約先MVNOでセット購入するのが最も安心です。

 

この場合各MVNO毎に、数千円相当のポイントプレゼントや数ヶ月間は通信料無料などのキャンペーンを付けることが多いです。

 

また月300〜600円程度で保守サービスとして、障害時は修理、交換を割安に受けられるサービスを付加できます。

 

SIMフリー端末はアマゾンや家電量販店で購入する方法や中古ショップ・専門サイトで「白ロム」を購入するという方法があります。さらに友人知人や家族から無料譲渡を受けSIMを入れるという選択肢もあります。

 

その3:端末の選択上の注意

MVNOでの直接購入の場合1万円そこそこから10万円近いものまであり、楽天モバイルなどでの期間限定キャンペーンでは結構なスペックのものでも4ケタといったこともあります。

 

しかし最安クラスの端末はLTEに対応せず3Gのみということが普通なため、ハードな使い方をしようとする場合はおすすめできません。

 

主なポイントとしてはCPU、ストレージ・メモリの容量、USBホスト機能の有無などです。
また国内メーカーの場合、おサイフケータイやワンセグの有無も加わります。

 

しかし何より肝心なのはSIMカードに標準、microSIM、ナノSIMと3種類あることです。

 

SIMカードと別購入または買い替えなどの場合サイズが合わないと基本的にNG(アダプタでOKにはなりますが使わないのが最良)ですし、ナノSIMはやたら小さいため、特に年配の方の場合挿入に苦労する場合も多いことに要注意です。

 

また新品購入以外の場合、電池がへたっている場合もあるということを意識する必要があります。

 

 

 

まとめ

 

今回紹介した3つの点について注意をして、格安スマホを購入しましょう。