格安SIMに乗り換えるとどうお得になるのか?徹底解説します

格安SIMに乗り換えるとどうお得になるのか?徹底解説します

今や生活に密着し、欠かすことのできない存在となったスマホですが、頭が痛い問題なのが月々の料金です。

 

ほとんどの方がまず最初に契約するのがドコモ・ソフトバンク・auのいわゆる携帯会社業界大手3社(キャリア)でのプランでしょう。

 

3社3様の特徴をそれぞれが打ち出すものの、結局毎月8,000円以上の出費を余儀なくされている方がほとんどではないでしょうか?

 

そんな方におススメなのが格安SIMです。

 

格安SIMは上記の大手3社のネットワーク設備を使っている

 

格安SIMは上記の大手3社のネットワーク設備を借りて、利用者に提供するという形態をとっています。

 

つまり、格安SIMといっても実際に使っているのは大手3社のネットワーク網なので使用感は全く見劣りするものではありません。

 

格安SIMの各会社がキャリアの会社と異なり、店舗などを持たず、それによるコストの節約によって格安の利用料金でスマホを利用できるようになっています。

 

格安SIMとキャリアの利用料金での大きな違い

 

格安SIMとキャリアの利用料金での大きな違いには通話料金があります。

 

キャリアの料金は通話料金をいわゆる通話し放題の定額制(約3000円程度)にしており、

 

通話をよく利用している人にとってはお得な反面、待ちうけ専門にしていたり、通話は緊急時にしか使わないという人にとっては余分なコストとなっています。

 

格安SIMはこの通話料金が従量制となっていることが多く、それにより月々の料金を抑えることが可能になっています。

 

また、キャリアではインターネットを利用する際に消耗する通信量が5GB程度でのプラン(約5000円程度)が多いことに対し、格安SIMでは10GB以上のプランも珍しくいです。

 

同じ5GB程度のプランなら約2000円程度での利用がスタンダードになっているため、スマホをネット主体で利用したい利用者にとっては格安SIMの方が安く利用できます。

 

 

スマホの料金を安くしたいのであれば、格安SIMはおすすめの選択肢です。

 

 

ワイモバイルという選択肢もある

 

キャリアは料金が高いというイメージはありますが、このイメージから外れるのがワイモバイルです。

 

ワイモバイルは料金が安いキャリアとして、とてもおすすめです。

 

多少、大手キャリアにサービスが劣る面はあるものの、十分に高いサービスを受けられます。

 

キャリアほど手厚いサービスを受けなくてもいいけど、キャリア並みのデータ通信速度や保証サービスを利用したいというのであれば、ワイモバイルはおすすめです。

 

どのくらいの月額料金になるかは、ワイモバイルの料金シミュレーションを利用すると分かります。

 

気になる方は料金シミュレーションを一度お試しください。