格安SIMの料金はどれだけ安い?3大キャリアとの比較で分かる安さ

格安SIMの料金はどれだけ安い?3大キャリアとの比較で分かる安さ

格安SIMも楽天モバイルやNifMoなどのテレビCMのおかげもあり、段々とメジャーな存在になってきました。

 

また、格安SIMは格安な料金でお得なのですが、さらに、インターネットとのセット割を実施している事業者も多数あり、大変お得で魅力的な存在になっています。

 

さて、この格安SIMの料金はどれだけお安いのか3大キャリアの料金と比較してみようと思います。

 

<料金比較>

キャリア 通話基本料 通話料 データ定額 プロバイダ料 合計
最大通信量 料金
NTTドコモ 2,700円 定額 5GB 5,000円 300円 8,000円
au 2,700円 定額 5GB 5,000円 300円 8,000円
SoftBank 2,700円 定額 5GB 5,000円 300円 8,000円
楽天モバイル 2,980円 5分かけ放題 5分以降

10円/30秒
4GB

込み 込み 2,980円

スマホ付き

NifMo 1,300円 定額 5GB 1,600円 込み 2,900円

 

 

 

格安SIMは遥かに安い!

 

以上でご確認して頂いたとおり、3大キャリアの標準的プランで8,000円、格安SIMでは2,000円〜3,000円と月額利用料金が大幅に安いです。

 

特に楽天モバイルでは、スマホも付いて2,980円です。
しかも、5分以内の通話はかけ放題でさらにお得です。

 

しかも、今回比較対象とした格安SIMは、NTTドコモの回線を使っているため、サービス提供エリアも広くて安心です。

 

ドコモの回線ですので、NTTドコモのユーザーでしたら、お持ちのスマホがSIMロック解除も不要で、SIMを入れて設定を変更すればそのまま使えます。

 

SIMフリースマホやお手持ちのスマホも使用可能

 

また、スマホ自体もASUSやHUAWEI、Googleなどのメーカーが高性能で価格もリーズナブルなSIMフリー端末を販売していますので、3大キャリアの高額な端末を購入する必要もありません。

 

そして、スマホの中古を購入するという方法もあります。価格も3年落ちのスマホが10,000円程度で購入できてお得です。

 

格安SIMは、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)に対応していますので、今お使いの電話番号がそのまま格安SIMでも使うことができて安心です。

 

現在、3大キャリアのスマホをお使いの方は、違約金のかからない更新月にMNPを申し込んで解約し、格安SIMに乗り換えることをおすすめします。